シーリングのテープ養生

今日はシーリング打ち替えの為、シーリング撤去・テープ養生を行いました。























飾りがあるので、テープ養生大変でしたが、引き続きしっかりと施工して行きたいと思います!





















明日はプライマー、ボンドブレーカーの貼り付け、シーリングの打ち込みまで頑張るぞー^^*
スポンサーサイト

マキタの電動工具




こんばんは!






今日、注文していた電動工具が届きました!





















げ~んばの味方♪モノタロウ~♪





で注文してみました^^*














いやー!

嬉しいです!
















どちらも2台目になりますが、ミニサンダの方は1台目が日立の製品だったので、実際に使用してみて

マキタと日立

どちらの製品が良いか、確かめたいと思います!




















来週の中盤から現場で活躍してくれると思うので、楽しみです^^*

塗り替え後、後悔しない為には?







お家を塗り替えすると、必ずしも塗り替え工事に不満足を抱くお客様がいらっしゃいます。


















そのようなケースはなぜ起こるのか??









簡単にご説明させて頂きたいと思います。






















まず、塗装工事(塗り替え工事)は施工業者によって、品質が全く違う事を認識して頂きたいと思います。






















手作業による仕事なので、品質に違いが出るのは当たり前なのですが、受注形態の違いにより、品質の差がより顕著に現れます。






















セールスマンによる訪問販売の場合














多くの場合、実際の作業は下請け業者(塗装業者)が行います。








その為、セールスマンと施行者の言う事が違ったり、お客様が求められている事と工事内容が食い違う(想像していた内容と違う)場合があります。








この辺りでも、良く足場を建てている訪問販売メインの塗装業者を見かけますが、不満の声を多く聞きますので、実際にこういったケースは結構ある様です。
















では、最初の話に戻りますが、塗り替え工事で不満足な結果に終わる場合。

















依頼主(お客様)が被害者で、施工者(塗装業者)が加害者




という図式を想像されるかも知れませんが























個人的にはそれは違うと考えます。


















今はインターネットが普及し、誰でも簡単に情報収集が出来る時代になりました。






















その中で、工事の依頼、つまりゴーサインを出したお客様も当事者として、それ相応の責任があると僕は考えます。























説明が不十分だと感じた場合は、他の所にも見積もり依頼をし、十分な説明を受けるべきだと思いますし











もし、金額に重点をおいて工事依頼をされた場合、後から工事に不満を言う事自体、少しおかしのでは??と感じます。

















少し厳しい書き方をしましたが








塗装工事は大きな買い物だと認識し、これから塗り替えをされるお客様には望んで頂きたいと思います。




















最後になりますが


















貴方の地元にも、信頼のおける塗装業者は必ずいると思います。











そういった塗装店に巡り会える事を願いまして、今回のブログは終わりにしたいと思います。










最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

またまたお土産を頂きました^^*

本日、塗り替え工事が完了したお客様から、またまたお土産を頂きました^^;


















休憩の時用の飲料と、手作りの文旦と八朔を頂いちゃいました^^*







ありがとうございます^^*!!












お客様のご好意で、この様な頂き物をする事が多いのですが、周りから僕はオネダリ病に思われるのでしょうかね(笑)





















本当に有難い限りです(><

本日工事完了です^^*

こんばんは!


年明けから施工させて頂いていたお客様の塗り替え工事が、本日無事完了しました!



今年の年明けは低温&急な降雪などで悩まされましたが、本日お客様にお引渡し出来る事となり、ホッとひと安心です^^*




施工写真使用の許可も頂きましたので、お言葉に甘えて少し使用させて頂きたいと思います。









屋根施工前



















屋根の下地調整中です。。



















屋根は今回遮熱塗料で御依頼頂きましたので、専用の下塗りを塗布しています。

















上塗り1回目の施工状況です。





低温での作業となりましたので、非接触タイプの温度計で、塗装対象物の温度を計測しながら作業を行って行きます。














上塗り2回目塗布完了後、翌日の屋根写真です。









こんな感じに仕上がりました!


耐候性の高い(通常の遮熱塗料は使いません)遮熱塗料での施工で、とても綺麗に仕上がりました!














施工画像も、毎回200枚以上になりますので、ある程度でも載せていくと大変な事になります^^;









という訳で、最後に玄関ドアだけアップしたいと思います!













施工前です。

正面からだと綺麗に見えますが、結構傷んでいます。




















過去に剥離剤を使用した形跡があり、木材自体の劣化が心配だったので、今回は研磨のみで下地調整を行います。

















今後のメンテナンスを考え、木材保護塗料で施工しました。





















さて、公開はここまでとします!




他にも施工画像は沢山ありますが、当店では塗り替えでどういう作業を行うか、どの様な気持ちで塗り替えに望んでいくか、それはご縁があったお客様にご覧頂ければと思います。













最後になりましたが、この度はご依頼頂き、誠にありがとうございました。







過去にご依頼頂いたお客様にも、これからご縁があるお客様にも、胸を張って自慢して頂ける様な施工を、今後も続けて行きたいと思います^^*