塗料のグレードと対応年数



梅雨に入り、最近は良く雨が降りますね。










てなことで、ブログ更新しました^^*













さて、僕達が使用する塗料には様々な種類があり、それによって耐候性が違います。







ちなみに、耐候性とは

塗料が紫外線にどの位強いか。

ザックリ言えばこういう事です。










最近はシリコン塗料以下のグレードで施工する事も少なく、塗料は耐候性の良いものが増えています。








僕の所だけではなく、全国的にそうなっていますが、塗料のグレードと対応年数は比例するのか。








これはそうとも言えないんですね。












塗料の性能は良くなって来ていますが、目に見えない部分

つまり、シーリング打ち替えの方法や、下地調整がどこまで適切かで塗料の対応年数は変わります。








下地調整は、しっかり施工すると当然塗り替え費用にも反映されますが、その費用は十分お家に還元される事になります。








『塗料のグレード≠対応年数』








塗料のグレードはパッと目を引く所ではあります。
しかし、どこまでしっかりとした下地調整を行ってもらえるのか。
この辺りを重点に業者決定をするのが、本当に失敗しない塗り替え工事のポイントとなります。















さて、来週中頃はお天気が回復するらしいので、頭の中でイメトレして、その時に備えます!
スポンサーサイト

今年も梅雨が始まりました。

おはようございます^^*






今年もやって参りました!




梅雨!









今年は例年よりも梅雨入りが早く、四国は5月末からの梅雨入りです。












そんな僕はというと、4月中頃から施工させて頂きましたお客様の工事が完了し、現在は次のお客様の工事に取りかからせて頂いております。










ただ、梅雨時期はお天気との戦いになりますので、工程表と天気予報をにらめっこしながら施工していく必要があります。





なるべくお客様のご迷惑にないような施工の必要がありますので、その辺りも考慮しながら工事を進めていく事となります。













今日は雨のため現場はお休みですが、見積りと診断書の作成がありますので、雨の日は事務処理を頑張りたいと思います。













ところで、今年は梅雨明けから3件のご予約を頂いており、本当に有難い限りです。











梅雨の時期に入りましたが、お客様からの期待に応えられるよう、まずは現在のご依頼をしっかりと施工させて頂きたいと思います^^*










頑張ろう^^*ノ

雨漏り診断士の合否通知

届きました!











開けるのはかなり勇気がいりましたが、無事合格する事が出来ました^^;



















100点満点中92点!



まずまずかと思います。











さて、これで雨漏り診断士1年生となりましたので、どのように役に立てていけるのか、考えたいと思います^^*

愛媛に帰って来ました

築地を出た後は、東京駅や皇居などを散策し、先程愛媛に帰って来ました。

東京に対しての意欲が低い自分にビックリした3日間でした。

それはそうと、明日からは現場で作業を行って行きます。
今回の経験を自分がどういう風に活かして行けるか、再度自分に問いかけてみたいと思います。

では、明日からも頑張っていきましょう!






















雨漏り診断士の試験

終わりました。










合否はさておき、、











終わりました。












今回の試験が今の自分の力だという事で、結果はどうあれ、受けに来てみて良かったと思います。








さて、明日は築地市場に食べに行ければと思います!